ウミエラホスト3連発

座間味で今年の潜り納めを終えて、内地に戻ってきました。
今日は、さすがに那覇、伊丹どちらの空港も人いっぱいですわ。
それにしても、沖縄20℃-> 内地8℃は堪えます、、、

最終日は、潜らず、座間味から高速船1便で本島へ移動
港の近くの評判のカレー屋さん行ったり、ヒコーキ撮りして、夜は飲んだくれて
〆にステーキ食べて終わりました。



引き続き、水中写真はアニラオ分からです。
いっつも、砂地でいろいろ被写体見つかるのですが、
今回は厳しかったです。

でも唯一、ウミエラは豊作だったかな。

カニダマシの仲間
b0110406_10423117.jpg
ナカソネカニダマシかな?
ツンツンしてたら、ウミエラが閉じかけ、、、、


すぐ隣にあったウミエラ
こっちはエボシカクレエビの仲間と同居
b0110406_14273555.jpg
@R.Garden annex、Anilao




こっちは何も努力することなく
ポリプ全開、エビは表側に居て、撮り放題
あとはシャッター切るだけ

エボシカクレエビの仲間??
b0110406_14274324.jpg
@Solana、Anilao
EOS-6D  EF100mm F2.8L Macro IS

綺麗な透明っぽい個体



皆様、良いお年をお迎えくださいませ!




↓↓↓ ここ、クリックお願いします~~♪
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ




[PR]
by moguritaoshi | 2017-12-30 00:00 | アニラオ(Anilao) | Comments(4)

ストロボの当て方練習

月イチペースで潜る沖縄本島、ホームグラウンドですね。
今月のテーマは『世界に羽ばたけ!』ぢゃなかった
『世界に羽ばたく準備をする』 なんちゃって 笑)

ここ数年は、ちょい引き気味にフレーミングして、なるだけ周りの環境を入れて
情景的な水中写真(勝手に命名)を目指してたんですが、
世界的には、マクロ写真、基本クローズアップ、黒抜きが主流であることは
間違いないと思ってる。

アニラオのフォトコンに参加した時に、頭では理解していても
なかなか思ったようには撮り切れないことがワカッタ。
なんで、普段から練習しとこう。 ってことです。
それはきっと自分の写真の引き出しの多さにも、スキルアップにも
繋がるハズ


、、、でストロボの当て方の練習
思いっきり、前に出して両横に開いて当てた。
このストロボ位置の特徴は
  • いわゆる、1番ゴミを拾い難い
  • 背景側にストロボがあたりにくく、黒く沈め易い
だと思ってる。
気をつけないと、被写体の両横にストロボが写りこむね、、、 調整しながら
撮ったけど、撮影距離が微妙に変ると、また写り込むって感じ

練習台ガラスハゼ
b0110406_17354819.jpg
@パルプンテ、沖縄本島
EOS-6D  EF100mm F2.8L Macro IS + Nauticam SMC-1


酒飲み

ザンシロおかわり
b0110406_17534722.jpg

前回、7月だったから半年ぐらい? 2合/回ペースかな。
これで、また半年間飲み放題です。


帰り道に先月教えて貰ったBarで飲んで帰る
b0110406_17535916.jpg

ラフロイグと2杯目はカウンターに鎮座してたジョニー・ウォーカー・ブルーラベル、ストレートで。

まあ、結局、 酒>>>写真
で、美味しいモン食べて、飲んで出来ればええねん、、、のゆるさが
長続きの秘訣  笑)




↓↓↓ ここ、クリックお願いします~~♪
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ




[PR]
by moguritaoshi | 2017-12-29 00:00 | 沖縄本島(Okinawa Is.) | Comments(4)

セミホウボウ流し

朝はご飯、パン類(炭水化物)を控えてるんですが、
この日は、懐かしいホットケーキに目が眩んでしまった。
b0110406_12501158.jpg

おかわりして2枚食べちゃったよ。  ええねん、ええねん。
ちなみに、皆さんご存知だと思いますが、
フィリピンでは普段、カジュアルにはフォークとスプーンで頂きます。
まあ、スプーンがナイフの代わりみたいなモンなんで、スプーンが右です。



この日は2日目、これまであんましええ写真撮れてないので、ちょっとマズイなぁと思い、
25mあたりまでトサカを1人で見に行ったのですが、 ぐでんぐでんでした。
ほとんどのトサカが元気なく横倒れ、、、 何も成果なく。



苦し紛れに
EXIT前の浅瀬で撮ったセミホボウの流し撮り


セミホウボウ流し
b0110406_13113065.jpg
@Secret Garden、Anilao
EOS-6D  EF100mm F2.8L Macro IS


正確にはセミホウボウに着いてっての泳ぎ流し撮り 
まあ、 上級テクですわ。


あえなく ボツに。

ドンマイ!


↓↓↓ ここ、クリックお願いします~~♪
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ




[PR]
by moguritaoshi | 2017-12-26 00:00 | アニラオ(Anilao) | Comments(4)

メガネベニハゼ飛び降り

メリー・クリスマス

年末は座間味に来てます。
到着した今朝は暖かいと思ったけど、早速夕方には北風に変わりました。
明日から寒いかなぁ〜〜 只今、前線通過? 結構強風デス。



例のえのきだけみたいなイソギンチャク(オオホネナシサンゴ?)の真ん中、
ええ感じのところにポツンと居った。


メガネベニハゼ
b0110406_13101961.jpg


シャッター切ってら、 キケンを感じたのか?
飛び降りるように、ホバリングしながらゆっくり移動して
裏に回りこまれてしまった。
b0110406_11355152.jpg
@Arthurs Rock, Anilao
EOS-6D  EF100mm F2.8L Macro IS


オオホネナシサンゴは結構、獰猛で
以前、アオヒトデ食べてるの見てるんで、なんかハプニングを期待したけど
なにも無かったわ。
b0110406_11355875.jpg
2016.03撮影






↓↓↓ ここ、クリックお願いします~~♪
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ




[PR]
by moguritaoshi | 2017-12-25 00:00 | アニラオ(Anilao) | Comments(2)

ぐるぐるほすと


免税店って意外と酒高くて、国内通販で買うのがベスト。
遠征時は、いっつも家からスーツケースに忍ばせて持って行ってます。
今回は、ウイスキー1本持って行って、現地でソーダ缶でハイボールにしました。
2晩でほとんど飲んでもうた。 3日目はフォトコンのディナー、最終日は
翌朝早いので夕食時はあまり飲まないのでまあ足りた。




現地で4日間ダイビング、
最終日のみ3本でそれ以外は毎日4本で15本潜った。(初日の午前だけAir, それ以外はエンリッチ32%)

天気は滞在中ほぼずっと良かった。
早朝のリゾート前
b0110406_12495925.jpg

水温は29℃(去年の同時期に潜った時は28℃)で、ちょっと高め。 
暖かいのはええのですが、そういう影響もあるのか?  今回出物が少な目の印象。 
特に砂地で、、、これと言ったネタが見つからない。
これから水温が下がり始めると、 いろいろ出てくるとええですね!




ぐるぐるのムチカラマツについてるガラスハゼ
b0110406_13065527.jpg
@AQUA Garden、Anilao
EOS-6D  EF100mm F2.8L Macro IS


ちょっぴりハートマーク、ぶろーくんはーと。




↓↓↓ ここ、クリックお願いします~~♪
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ




[PR]
by moguritaoshi | 2017-12-24 00:00 | アニラオ(Anilao) | Comments(2)

日中は晴れ間も多く天気は悪くないんですが、毎日寒いですねぇ~

沖縄本島12月分です。 アニラオ分もアップ途中なんですが、
ダイビングスケジュールの関係でブログアップが遅なりそうなんで
更新ペースを上げて、アニラオ分とじゅんぐりにアップしようと思います

アニラオ潜った翌週末
ダイビング機材は2つあるからええけど、心配だったカメラ機材はアニラオから帰って来てから
すぐ送って中2日で那覇のホテルまで無事到着してました。 (ゆうぱっく利用)





久しぶりのほぃの肉盛りまぜそば
ロースビーフ、豚チャーシュー、肉そぼろ (最後にライスだいぶもあるんですが、それはナシで)
b0110406_17261532.jpg

伊丹空港周辺でガッツリ食べてから那覇入り
まぜそばはこのぐらい、パンチ欲しいね!



一気に下がって来た水温は24℃台、 
今回から、ロクハン、フードベスト、上下裏起毛インナーの冬仕様です。
ウエイト6Kg、 EXIT後に階段登るのタイヘンっすわ。



悪魔の実ことミノイソギンチャクとイソギンチャクモエビ
b0110406_17255477.jpg
@パルプンテ、沖縄本島
EOS-6D  EF100mm F2.8L Macro IS + Nauticam SMC-1


ホストは黄色くて、以前、柏島で撮った時よりも綺麗
エビが際に居るからなかなか構図するのが難しい、、、
次回、再チャレンジかな。







↓↓↓ ここ、クリックお願いします~~♪
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ




[PR]
by moguritaoshi | 2017-12-23 00:00 | 沖縄本島(Okinawa Is.) | Comments(2)



基本、朝、晩は主食(炭水化物)を摂らないのですが、昼は普段からちょくちょく
食べたりします。 アニラオでもお米は食べないですが、パスタだと
ちょっとソソラレちゃう。
b0110406_12500665.jpg

で、それより、
今回食べたの初めて? 前からメニューあったっけ?
キーマカレーが 美味しいねん。 これはお奨め! パスタそっちのけでおかわりしたよ!



見たこと無い様な模様のガーデンイールが砂から顔を出してる。
まだまだ細い個体でかなり臆病!
ここはニシキアナゴで鍛えた(ただ単に)息ごらえしてのがぶり寄りのチャンス
ってやってたら、ちょっと離れたところにもっとぶっ太い大きな個体を発見

簡単に寄れました、、、

ゼブラアナゴかな? と思って撮ってたんですが、
ずっと前にバリで撮ったのとはちょっと模様が違う
模様的にはテイラーズガーデンイールに近いけど、
あっちは下地はもっと黄色くて黒斑点が小さめ

チンアナゴの仲間
b0110406_12580296.jpg
@R.Garden, Anilao
EOS-6D  EF100mm F2.8L Macro IS


で、もうちょっと調べてたのですが、

Mercy's garden eel
学名:Heteroconger mercyae, Allen & Erdmann, 2009
ぢゃないかと思われる
フィリピンも生息域に記載されてるみたい




↓↓↓ ここ、クリックお願いします~~♪
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ




[PR]
by moguritaoshi | 2017-12-21 00:00 | アニラオ(Anilao) | Comments(2)

自作スヌートさきっぽ

アニラオのフォトコンでスヌート、スポットライトの有効性を
再認識したんですが、

久しぶりに自作してみました。

材料
椅子キャップ 31mm ホームセンターで購入 90円/個  (100均で見つからなかった)
アルミ筒   長さ10cm, 外径10mm 内径8mm? 東急ハンズで購入(以前作った時の残り たぶん100円ぐらい)
ゴムの輪っか  椅子キャップに大体あう大きさ (以前作った時の残り たぶん100円ぐらい)
紐  使ってないS-2000の付属部品から流用
b0110406_09440755.jpg



作業
椅子キャップにドリルで穴開けて、ナイフでざっくり穴を大きくした後はひたすら削る
ゴムの輪っかの内径とアルミ筒の径があってないので、薄いゴム版(1mm厚)を
2周巻いて調整
アルミ筒とゴムはセメダインXで接着

b0110406_09441378.jpg

作業時間 15minぐらい  
椅子キャップとゴムの輪っかもセメダインXで接着 あとは一晩接着待ち

ゴムの輪っかはアルミ筒を抜けにくくするのと光軸をずれにくくするのが目的


完成
右は以前作ったの  3年ぐらい使ってるけど、意外と頑丈に出来てる
b0110406_09442120.jpg



使用例
b0110406_09442610.jpg

実は、何で作ったかと言えば
INON S-2000のスヌートセットのスヌートチューブ10、スヌートチューブ26の
太い方の先にこれがほぼぴったり納まる。 スヌートチューブ26使ってて、
もっと細い光にしたい時にアタッチメントとして簡単に使えることが判ったから

スヌートチューブ10、スヌートチューブ26はもちろん水中で付け替えれるのですが
ゴムラバーフードに着けて無い方を水中に持ち込んでる時に無くしそうなんで、
結局どっちを使うかは事前に決め打ちして水中で付け替えたことは無かった

ちょっと緩いのでスヌートチューブ26の筒側にテープを適当に巻いて調整


興味のあるかたはどーぞ
Do it Yourself

[PR]
by moguritaoshi | 2017-12-20 00:00 | その他(Other) | Comments(0)

ミジンベニハゼ卵保護


初日の1本目は初めて潜るポイントに。
お馴染みのシークレットベイのもっと向こうの方デス。

すっかりアニラオでは定番になったミジンベニハゼを見つけたのですが
よーく見ると1匹が胸ビレでパタパタとやってる!
卵あるなぁ! いきなり、ビヘイビアな絶好なシチュエーション発見やわ!
と思った。

Wピンで普通に撮ったらこんなん
b0110406_12512954.jpg


、、、でたぶん、フォトコンでは、こんなんではアカンやろうからと思って
貴族入れて可能な限りワーキングディスタンス取って待つけど、
やっぱりプレッシャーになるのか、、、 卵には寄り付かなくなる。

仕方ないので、貴族外してほぼ最短で撮影
b0110406_12514317.jpg

卵がまだ生みたて?で透明なのでまったくインパクトあらへん



最後はアクビしたところでフィニッシュ(時間切れ)
アクビするとき、前に出てくるから卵にはピンは来ない。
b0110406_12515786.jpg
@Saimshim、Anilao
EOS-6D  EF100mm F2.8L Macro IS



ボツ!



↓↓↓ ここ、クリックお願いします~~♪
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ




[PR]
by moguritaoshi | 2017-12-19 00:00 | アニラオ(Anilao) | Comments(0)

アニラオフォトコン


11月のアニラオからです。
今年はアニラオフォトコン(今回で5年目らしい)
ANILAO UNDERWATER SHOOTOUT 2017
の開催に合わせて日程組みました。
3日間の撮影期間が設けられてるのですが、滞在日程がちょっとズレてるので
自分がそのうち撮影したのは2日間

正直、アニラオ田舎のフォトコンかと思ってたら、多少のグダグダ感(フィリンピン特有の)はあるものの、
予想以上に立派なのにビックリ
なんと、審査員には、ナショジオの水中写真で有名な デイビッド・デュビレ(David Doubilet)さんが
審査員で来られてました。 このフォトコン、フィリピン観光省、肝いりらいしい。

アニラオにこんな立派なホテルあったっけ?という感じの
Camp Netanyaでの最終日のフェアウェルパーティ&受賞式
b0110406_14430584.jpg
オープン(一眼、ミラーレス)とコンパクト(コンデジ)に大きく分かれてて、
それぞれ、カテゴリーが
Macro/Supermacro 、Marine Behavior(生態)、Nudibranch 、Fish Portrait 、Cephalopod (イカ、タコ)
とスペシャルカテゴリーで
Blackwater and Bonfire (ブラックウオーター)


マグダレナからエントリーしたのは、ゲスト5人と大沢さん、ロナちゃんの7人
全体で140人ぐらいがエントリーしてたみたい。

結果、、、
ロナちゃんがコンパクト部門のウミウシで1st place でした。 パチパチ!!
あとは残念ながら、、、

自分が出した4枚の内2枚です。

b0110406_14402719.jpg
@R.Garden、Anilao

b0110406_12523613.jpg
@ハイジおじさん、Anilao
EOS-6D  EF100mm F2.8L Macro IS


1位、2位、3位が発表される前に5~6作品がファイナル候補として紹介されるのですが
それすらにも入れません、、、、

普段、撮ってる様な写真だと通用しないってことです。
もっと狙って意図的にシャッターを切らなアカンってこと。
ドンマイ!

受賞されてた写真はどれも素敵でした(一部、??も)。 特にライティング、ストロボワークを含めた背景処理が大事。
フォトコンに見合ったああいう写真を撮るには、
  • 装備(スヌート、スポットライトなど)
  • 被写体選び
  • さらに出来ればきっちりサポートして貰えるアシスト
が無いと、なかなか厳しい様な気がした。

ちなみに、期間中は、ロナちゃんがエントリーしてるので
ガイドはしてもらえません。 あしからず。
あと、マリンダイビングからも取材に来てたよ。 でっかいステッカー貰った。





↓↓↓ ここ、クリックお願いします~~♪
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ



[PR]
by moguritaoshi | 2017-12-17 00:00 | アニラオ(Anilao) | Comments(2)