泡立て石鹸魚?キハッソク若魚



お初ネタから

お初ネタなんで、ネットで調べてると
漢字で書くと 木八束 
由来は、木を八束使って煮ても食べられないほどまずい魚、、、 実は美味しいとも


キハッソク若魚  ハタ科キハッソク属(学名 Diploprion bifasciatum)
b0110406_14480389.jpg
@座間味、佐久原漁礁
EOS-6D  EF100mm F2.8L Macro IS


ハタ科なんだけど、ハタ亜科(英名 Grouper) ハナダイ亜科(英名 Anthias) などと違ってハタらしくない
ヌノサラシ(ハタ科ヌノサラシ属)やアゴハタ(ハタ科アゴハタ属)と同じく、英名はSoapfish
まあ、ハタ科の異端児って感じか、、、

キケンを感じると、体表からグラミスチンという粘液毒出すらしい
(水槽の中だと泡立つ -> Soapfishの由来)




座間味グルメ
この日は午前1本、午後2本なんで、お昼はご一緒したゲストの皆さんと
島随一のそば屋さんまで
久々ですわ。

もずくそば(中)+ もずくごはん
b0110406_14484548.jpg

もずくを練りこんだ、もちもち手打ち麺が美味しいです。
(ごはんは、以前食べた時もっと具沢山で美味しかった気がしたけど、気のせいか、、、)




↓↓↓ ここ、クリックお願いします~~♪
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村



[PR]
by moguritaoshi | 2018-05-30 00:00 | 座間味(Zamami) | Comments(0)