マクロではS-2000を2灯で撮ってるんですが、以前から気になってた
古いほうのストロボが発光部が焼けちゃってるんです。
どうも発光量が違うんちゃうかなぁ~ と思ってました。
b0110406_16245698.jpg

左(OLD)だいぶ違う(焼けちゃってる)でしょ! 右(New)

で 今日、暇なんでテストしてみた。

ストロボの設定(S-TTL, EV.コントロールスイッチ:真ん中)
カメラ:CANON EOS 50D  ハウジング: INON X-2
ストロボ:S-2000 (1灯ずつでテスト) 拡散版無し、 光接続
カメラの設定:SS 1/250固定, f値 可変, ISO感度 100, マニュアルモード(M), 評価測光
レンズEF 100mm F2.8L Macro IS

New(上)/OLD(下) f=2.8 1回目
b0110406_16275915.jpg
b0110406_16323285.jpg

New(上)/OLD(下) f=2.8 2回目
b0110406_1628989.jpg
b0110406_16324084.jpg

New(上)/OLD(下) f=4.0 1回目
b0110406_162815100.jpg
b0110406_16324626.jpg

New(上)/OLD(下) f=4.0 2回目
b0110406_16282231.jpg
b0110406_16325152.jpg

New(上)/OLD(下) f=8.0 1回目
b0110406_1629451.jpg
b0110406_16325863.jpg

New(上)/OLD(下) f=8.0 2回目
b0110406_16291195.jpg
b0110406_1633492.jpg

New(上)/OLD(下) f=11.0 1回目
b0110406_16291936.jpg
b0110406_16331346.jpg

New(上)/OLD(下) f=11.0 2回目
b0110406_16292648.jpg
b0110406_16331979.jpg

New(上)/OLD(下) f=16.0 1回目
b0110406_16293959.jpg
b0110406_16332741.jpg

New(上)/OLD(下) f=16.0 2回目
b0110406_16294774.jpg
b0110406_1633341.jpg

*古い方(OLD)のみ、念のため3回目もチェックしましたが、だいたい一緒

ストロボの設定(マニュアル) 古い方のみテスト
カメラの設定:SS 1/250固定, f値 8.0固定, ISO感度 100, マニュアルモード(M), 評価測光
レンズEF 100mm F2.8L Macro IS

ストロボ:フル発光
b0110406_1654516.jpg

ストロボ:1/1.4発光
b0110406_1654229.jpg

ストロボ:1/2発光
b0110406_16543623.jpg

ストロボ:1/4発光? or 1/5.6発光?
b0110406_16544697.jpg



古いほうのストロボは不安定だし、発光量が大きい(絞った時)もしくは小さい時(開けた時)
に新しいストロボとの差は顕著みたいです。

古いほうは、以前、スヌートでちょくちょく使ってたので、その頃に焼けたのかな?
もう1個、S-2000買おうかなぁ....



にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へクリックお願いします~~♪
[PR]
by moguritaoshi | 2015-01-31 17:11 | その他(Other) | Comments(2)

今日は夏休み前で、家でのんびりです(笑)
ちょっと気になっていたことを陸上テストしました。

今、普段はS-TTLで撮ってますが、必要に応じてマニュアル発光で撮ってます。
ストロボ(INON S-2000)をマニュアル発光で使う時に
磁石が要るのか?要らんのか?  です。
ちなみに磁石を入れると、アドバンスドキャンセル回路をOFFにします。
(このあたりの詳しいことは、INONの取り扱い説明書参照)
取説を読む限り、カメラの調光システムに依存するようです。


カメラ:CANON EOS 50D  ハウジング: INON X-2
ストロボ:S-2000 (面倒なので1灯でテスト) 拡散版無し、 光接続

カメラの設定:SS 1/250固定, ISO感度 100, マニュアルモード(M), 評価測光
レンズEF 100mm F2.8L Macro IS

こんな感じ
b0110406_16434864.jpg

被写体との距離、大体80cm~1mぐらい(テキトー)

ストロボS-2000 S-TTLの時(磁石なし)
f=2.8
b0110406_16463475.jpg

f=9.0
b0110406_16464162.jpg

f=20
b0110406_16464736.jpg


ストロボS-2000 マニュアルの時(磁石なし)
カメラの絞り値(f)を変えて、ほぼ適正露出になるようにストロボの発光量を決定

f=2.8 S-2000=-5.5 (発光量 1/45 GN 3.0相当)
b0110406_16465436.jpg

f=9.0 S-2000=-2.0 (発光量 1/4  GN 10相当)
b0110406_1647317.jpg

f=20 S-2000=Full (発光量 1  GN 20相当)
b0110406_16471368.jpg


ストロボS-2000 マニュアルの時(磁石なし)
カメラの絞り値(f)を固定(f=9.0)、ストロボの発光量を切り替え

f=9.0 S-2000=-5.5 (発光量 1/45 GN 3.0相当)
b0110406_16552853.jpg

f=9.0 S-2000=-2.0 (発光量 1/4  GN 10相当)
b0110406_16554568.jpg

f=9.0 S-2000=Full (発光量 1  GN 20相当)
b0110406_16561213.jpg


ここまで問題無い動作だと思います。
予想通りの動作って意味



ストロボS-2000 マニュアルの時(磁石あり)
カメラの絞り値(f)を固定(f=9.0)、ストロボの発光量を切り替え

f=9.0 S-2000=-5.5 (発光量 1/45 GN 3.0相当)
b0110406_1744774.jpg

f=9.0 S-2000=-2.0 (発光量 1/4  GN 10相当)
b0110406_1745767.jpg

f=9.0 S-2000=Full (発光量 1  GN 20相当)
b0110406_1751190.jpg

一応念のため、もう1回シャッター切った
b0110406_1755321.jpg

ストロボは光ってるけど、上手くシンクロしていなさそう。
ちなみにフル発光ぢゃ無くて、1/1.4発光だとシンクロしてました。
理由はワカリマセン あしからず。


結論:
自分のカメラセットだと、磁石は要らない


カメラやセッティングによって違うと思うので.... 暇な人はチェックしてみてください。(笑)


マクロの場合は、S-2000 2灯で撮ってます。
安い、小さい、性能良い。
サンゴに隠れてるハゼ、奥まったところに居る被写体なんかには、その小さいことが有利で
(個人的には)上位機種よりも優れてると思ってます~♪


いやぁ すっきりしました ヾ(≧∇≦*)/


追記:
ここに、大体なこと書いてありました。  泣)

INON S-2000動作確認表


にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へクリックお願いします~~♪
[PR]
by moguritaoshi | 2012-09-09 17:23 | その他(Other) | Comments(4)