水中写真なしです。   ただし、 よだれ アリです。

北海道行って来た (JALマイレージ利用) 仕事で10年前に行って以来です。
プライベートだと20年ぶりくらい、まだダイビング始める前ですわ。
(スキーとスノボしに行ったぐらいだから...)

ニッカ余市蒸溜所見学とぐるめツアー! 2泊3日

つい最近まで、北海道は気温35℃って言ってるから、半そでオンリー。
空港着いたら、小雨&靄、気温18℃、、、 寒いわ、ほんま! 風邪引きそうです。
到着日は、空港周辺でヒコーキ撮りしてたんですが、天気サイアクでわやですわ。



2日目 マッサン~♪ ウイスキーの聖地へ
余市は札幌から小樽経由で1時間半ぐらい。

b0110406_16165880.jpg

ほのぼの。 北海道、余市って感じです。 この日はいい天気

サントリー山崎蒸溜所の時と同じように、事前予約しておけば
お姉さまが工場内を案内してくれます。
ニッカ余市蒸溜所: http://www.nikka.com/guide/yoichi/about.html


ウイスキーの製造工程は まあ 基本、一緒ですわ。
ニッカの特徴はピート(泥炭)、 山崎ではピートのピも無かったかな?
今回は一部工事中とか老朽化で見学出来ない建屋などもあって残念


その代わり、敷地が広く、自然に囲まれた
なんとも言えない優しい雰囲気を醸し出しています。
b0110406_16182323.jpg


マッサン宅 (旧竹鶴邸)です。
b0110406_16183825.jpg


ウイスキー製造に欠かせない、単式蒸溜器(ポットスチル)
余市蒸溜所は、昔ながらの石炭直火焚蒸溜で行われてるそうです。
世界の蒸溜所でも、ここだけ

b0110406_16190139.jpg


ポットスチル越えのニッカおじさん
ニッカと言えば、このおじさんっすよね
b0110406_16192220.jpg

工場見学が終わると無料試飲です。
竹鶴ピュアモルト、スーパーニッカ、アップルワイン とちょっと残念なラインアップ
(無料ツアーだから、仕方ない)


とっとと飲んで、ギフトショップに寄ってお買い物したあと
ウイスキー館に戻って、有料テイスティングのコーナーに。
シングルモルトの余市関連はおみやげに買ったので

竹鶴の17年、21年飲み比べ
b0110406_16193879.jpg

もうちょっと、いろいろ飲んで見たかったのですが、
1時間に1本しかない電車の時間が気になってここで撤退
個人的には、余市蒸溜所はここウイスキー博物館が1番の見所
マッサン、リタがウイスキーに込める愛情が伝わって来ます。 あと、有料試飲もね!

b0110406_16201696.jpg



サントリー山崎蒸溜所の見学ツアーが、洗練されてて、最後まで飽きさせないツアー(有料)
に対して
ニッカの余市蒸溜所の見学ツアーは、実直で素朴なツアー(無料)
でそれぞれのブランドイメージと重なるかもしれません。

どちらもお奨め。
なかなか、余市までは見学ツアーだけのために、行けないと思うけど、、、
ニッカとサントリーの歴史はマッサン見てね。




帰りは、小樽で途中下車して 
観光ぢゃナカッタ。。。
b0110406_16212277.jpg

ランチにお寿司です。
小樽と言えば、寿司! キッパリ。
おまかせの ”特” デス。
b0110406_16204540.jpg

ほんま、美味しいわ。  
ここはノンアルコール 笑)
 




札幌に戻って、一旦、ホテルに荷物を置いて、ホテルから近い
サッポロビール博物館へ  予約なしの無料見学
b0110406_16213680.jpg

ざっくり、
明治39年 サッポロビール(札幌)、エビスビール(東京)、アサヒビール(大阪)が合併
戦後 サッポロビール( w/エビスビール)とアサヒビールに分割
サントリーのビールは後発
です

ここは、さっと展示物を見学して試飲コーナーに! 

サッポロビール創業当時の味を再現したと言われてる
"開拓使麦酒" が美味しいねん 味が濃厚っていうの?
b0110406_16214579.jpg

北海道限定ビール "クラシック" とも飲み比べたんですが、全然違った
"クラシック" は、まあまあ普通の生って感じ



、、、で夜は、この日もススキノまで行って、ジンギスカンを食らう
実は、前日も夜はジンギスカンで、2夜連続で生ラム肉尽くし
b0110406_16225109.jpg


鉄鍋が熱くなって来ると、ドンドン焼けますわ。
適度な脂と肉の食感、たまらないです。
b0110406_16230195.jpg


前日に続き、ハイボール3杯、お肉3皿(350~400gぐらい)を完食
初日に食べたのは脂少なめの赤身中心
2日目は、こってり系かな

今、見てもよだれでそうです。。
どちらも、3杯、3皿で4000円ぐらいデス。 大満足。



おみやげ
b0110406_16345519.jpg

2000's 余市シングルモルト 57度
 2000年から2009年頃にかけて蒸留された余市モルトのみをバッティング
 以前は、1990's,
1980'sもあったみたい
ニッカウヰスキー余市蒸溜所 限定ブレンドウイスキー
余市シングルモルト 55度 (現行の余市ノンエイジの原酒になってるのかな? よくワカリマセン)
 シェリー&スイート
 ピーティー&ソルティー
 ウッディ&バニラ
その他、チョコレート
まあ、余市はそれなりに値段するし、大人買いですわ。 限定って言葉に弱いっす。
燻製ミックスナッツで飲み比べするのが楽しみ




北海道、最終日は、旭山動物園に行こうか? ヒコーキ撮りしようか?
と悩んだんですが、天気もあまり良くないので、急遽予定を変更して
キリンビール千歳工場見学に。 当日の朝、電話で予約した。

全自動でビールが充填されてる工程みてたら、20年前も北海道でビール工場
(サッポロ? アサヒ? キリン? どこの工場だったか不明)に
見学行ったのを思い出した。

一番搾りの製造過程を中心に説明してもらったんだけど、
一番搾り麦汁と二番搾り麦汁の飲み比べもあって面白かったよ


見学のメインイベント? 笑)
キリンの三度注ぎ
b0110406_16331346.jpg


お見事!
b0110406_16332304.jpg

神戸にも、キリンのビール工場あるらしい、このお姉さんも研修行ったんだって。


一番搾りプレミアム(美味しい)
b0110406_16333542.jpg


無料で、一番搾り、一番搾りスタウト(黒ビール)、一番搾りプレミアム
の3杯、無料試飲出来ます。(おつまみつき)
キリンTシャツ(きりんじゃない、麒麟)を買う、結構、お気に入り。

キリンのビール工場見学、さすが! 
最寄駅から無料シャトルバス出てるし、見学ツアーの完成度として申し分ないです。
ビール工場見学、いろいろ行ってみる?
もう、ただの酔っ払いになりそう、、、


夕方のヒコーキを予約してたのですが、
空港でランチ(豚丼食べて)、フライトを早めて家帰りました。
ええねぇ、 ほっかいどー、でっかいどー  あじあん観光客がいっぱいです。

次回は、ニッカ宮城峡蒸溜所かな? 仙台、牛タンは厚切り芯たん やね!

p.s.
3日間、いっぱい飲んで食べたけど、体重増減なし


おしまい




[PR]
by moguritaoshi | 2017-07-23 00:00 | その他(Other) | Comments(2)


糖質制限するようになって、
以前はビール~焼酎がメインだったのが
ハイボール & 焼酎に変わったのですが、ウイスキーは奥が深いと言うか、
底なしというか、まあ、庶民が買えるレベルのんしか飲んでないんですが、、、 

そもそもウイスキーは、元々そんな身近なお酒ではなかったわけで。
ほんと、糖質制限するようになって、
家でもウイスキー飲む様になってからですわ
まともに向き合うのは。



偶然、蒸留所の見学ツアーがいろいろあるってことを知ったので
早速、予約して行って来た。
近場のサントリー山崎蒸溜所です。
大阪から京都に向かう電車の中から見えるあそこデス

b0110406_22015638.jpg

この日はあいにく朝から雨だったんですが、
なんか霧っぽくて山崎らしいです

b0110406_22554422.jpg

ツアーには
有料の蒸留所見学ツアー(製造工程を見学&テイスティング付き)

無料でウイスキー館で展示物を見るだけ
の2つあるんですが、初めてなので有料の見学ツアーです。 (どちらも要予約)
どちらもギフトショップや有料の試飲コーナーを楽しめます



ちょっと早く着いたのでウイスキー館見学
b0110406_22024132.jpg


原酒のラインアップ
材料、酵母の種類、蒸留方法、樽の種類、さらに貯蔵年数などによって
いっぱいの原酒が保管されてます
b0110406_22022779.jpg


ウイスキー館2階から
大きなのが蒸留に使う蒸留器(ポット・スチル)
b0110406_22060178.jpg


時間になって、製造工程の見学スタート
お姉さまが説明しながらアテンドしてくれます。
観光客と思われる海外からの見学者も結構居て、
翻訳イヤホンが用意されてた

ウイスキーの製造工程は
原料は、麦芽と水(だけ)
仕込み ~ 発酵 ~ 蒸留 ~ 貯蔵 ~ブレンド


仕込み
麦芽と温水を混ぜて糖化  麦芽ジュースみたいなもんらしい
b0110406_22100159.jpg



発酵
酵母を加えて糖分を分解して、度数7%ぐらいのアルコールへ
b0110406_22184934.jpg



蒸留
水とアルコールの沸騰温度の違いを利用して行われる
蒸留は2回(一回目を初溜、二回目を再溜)
ポットスチルにもいろんな形があるそうです
b0110406_22025579.jpg

出来たものは無色透明なニューポットと呼ばれて
アルコール度数70度ぐらい
b0110406_22030413.jpg

ここまで、製造工場の中は暖かくて、独特な匂いがあるので
もうこのあたりで、アルコール苦手な人は顔赤くなるかも、、、笑)


熟成
樽に詰めて貯蔵
樽にもいろんな種類があるのと、熟成年数によっても、出来上がりの原酒の色は
全然違う!
b0110406_22054332.jpg


いよいよメーンイベント?
場所を移っての山崎のテイスティングです。
おつまみも用意されてて、いたれりつくせり

4つのグラス
ホワイトオーク樽原酒
ワイン樽原酒
山崎(ノンエイジ)
4つ目は山崎(ノンエイジ)を使ってのハイボール用

b0110406_22060932.jpg

うんうん、樽が違うと原酒、全然違う  オレでも判るでぇ。
そういうのが組み合わさって山崎が出来上がるわけね!

ここで、
洋ナシの香り
とか
焼いたパン
とか言えばええ感じなんでしょうが、
そんな豊かな表現出来る語弊とか、味覚、嗅覚などを持ち合わせてない訳デス。
大体、洋ナシなんて匂い嗅いだことないやろ  ってことですわ。
まあ、そういうのは、そういう人たちに任せて
好きなように感じて、楽しんで飲めばおっけい! だと思ってる


b0110406_22061805.jpg

正直、これだけで有料(1000円)の元は取れます。
っていうか、これがあるから有料なんだよね、きっと
普通、工場見学とか無料でやってるもんね、、、


ツアー終了後
ギフトショップに寄って、
山崎蒸溜所限定のテイスティンググラスやシングルモルトウイスキーなど買った


、、、で
最後に試飲コーナー(有料)

山崎の18年、12年、ノンエイジの飲み比べ
b0110406_22062627.jpg

これぞ、ジャパニーズウイスキーなんでしょうね。
25年もあったんだけど、ハーフショット(シングルの1/2 15ml)で3000円近くするので
さすがに止めときました。(でもきっと格安(原価?)、大体、庶民はボトルで買えない!)
その他にも
マッカラン、グレンフィディックの普段飲めない18年以上のを試したかったんだけど、
けっこう、酔っ払いそうなんでアキラメル

面白かったデス。 おススメ! 興味のある方は是非。
サントリー山崎蒸溜所 : http://www.suntory.co.jp/factory/yamazaki/


マッサンでお馴染みのニッカ、余市も見学ツアーあるので
近いうちに行ってみよう、、、





↓↓↓ ここ、クリックお願いします~~♪
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ




[PR]
by moguritaoshi | 2017-06-23 00:00 | その他(Other) | Comments(0)