たましいサイズ


明るい白い砂地の阿真ビーチ前、この時期の1番の楽しみ!

今回は見れたのはこの1匹のみ
それが、個人的にはたぶん過去サイコーに小さかった個体
5mmぐらい?

アオサハギyg たましいサイズ
b0110406_13543376.jpg

奇跡的にピントがあってる1枚



ちょっと追っかけると、けっこうな速さで逃げていく。
ちょうど隠れ易い場所でひと休み。

ここで、仕留めるべき、速射、連写炸裂しとこ。


ひとやすみ
b0110406_13544202.jpg
@阿真ビーチ前、座間味
EOS-6D  EF100mm F2.8L Macro IS



機材ネタ
水中AF/MF切替操作(備忘録) 
CanonはAF/MFの切替はレンズ側で行うので、基本、水中では切替が出来ない
(ハウジング操作出来ない)
AF-ONボタンはハウジングからの操作もシャッターレバーの次ぐらいに操作性が良い筈なので、
これを使うべし

#1 親指AF
カメラの設定:
シャッターボタン半押し :測光開始
AF-ONボタン:測光・AF開始
メリット:
 AF/MFいつでも切替可能 (AF時にのみAF-ONボタンを押す)
 シャッターチャンスに強い
 置きピン簡単
デメリット:
 AF時にシャッターボタンよりも若干操作性が劣る

=> MFがメイン、AFをたまに使いたい 向け
  水中マクロ撮影


#2 親指MF? (AF-ONボタン: AF停止)
(元々はAI-SERVO設定で置きピンをする時に有効な設定)
カメラの設定:
シャッターボタン半押し : 測光・AF開始
AF-ONボタン:AF停止
メリット:
 AF/MFいつでも切替可能 (MF時にのみAF-ONボタンを押し続ける)
 シャッターチャンスに強い
 置きピン簡単
デメリット:
 MF時に若干操作性が劣る

=> シャッターボタンによるAFがメイン、たまにMF使う、
  もしくはAI-SERVO設定で置きピンをする 向け
  水中ワイド撮影、陸撮

最近のレンズはフルタイムマニュアルフォーカスなんで、
初期設定(デフォルト)のままでAFでロックしてそのままMFに
移れるが、逆に言うとAFがロックしないとMFに移れない
(正確には出来るのかも知れませんが、シャッター半押ししてる限りAFが動いてMFと競合する)



現時点では
#1と#2の両方をカスタム撮影モードに登録して、
撮影状況に応じて排他的に使い分けるのがベスト

だと個人的には思ってる

(注意)
カスタム撮影モードに登録をしてモードダイヤルを水中で切り替えることは出来るが
左手でモードダイヤルを切り替えるので、素早い切替は出来ない



↓↓↓ ここ、クリックお願いします~~♪
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ




[PR]
by moguritaoshi | 2017-05-31 00:00 | 座間味(Zamami) | Comments(4)

今日は、日中暑かった、、、湿気も増してきた? (梅雨間近?)


OHに出してたハウジングがあがったと連絡を受けたので
引き取りに行って来ました。

ついでにお取り寄せを頼んでた Nexus 5DMk3 拡張サブダイヤル
早速、ハウジングに取り付けてみました。

Nexus 5DMk3 拡張サブダイヤル
部品は3点
b0110406_19032910.jpg


説明書にしたがってハウジングに取り付ける
サブダイヤルは撮影中に絞り値を変える重要な操作箇所
撮影中に主に使うのは (優先順)
 -シャッターボタン(レバー)
 -サブダイヤル  ->絞り値変更
 -メインダイヤル -> SS変更
 -AF-ONダイヤル(レバー)
の4点です。
出来れば、ファインダーから目を切らさず、右手でスムーズに操作出来ることが望ましい。
オリジナルは、右手、グリップを握ったまま、このダイヤルを回せない(手の大きさにも依存)
はっきり言って、これは致命的デス。

実際、取り付けてみると、なかなかええ感じです。
INONハウジングの操作性を10点としたら Nexus オリジナルは3点以下。
この拡張サブダイヤルつけて8点ぐらいかな?

シャッターレバーに右手人差し指を掛けると、親指がダイヤルに届かないので、少し右手をずらさないとだめ。
もうちょっと大きいダイヤルにするか、ダイヤル自体を前方に出して貰えるとええのになぁ
と思いましたが、、、
b0110406_19033719.jpg


上から見ると
ダイヤルを大きく、もしくは前方に出すと、たぶん、ラッチ(パッチン錠)の開閉に干渉しますね、仕方無いのか、、、
まあ、頻繁にサブダイヤルを回すマクロで使わないから良いけど。

b0110406_19035175.jpg

正直、これがNexusクオリティーっていうのが実感
(あくまでも個人的感想です スイマセン。 慣れや撮影スタイルなどにも影響されると思うので)




INON X2 for 6D オーバーホール

b0110406_19041691.jpg


綺麗になって返って来ました。
リークセンサー、浸水跡があるって、たぶん屋久島で潜った時に、ファインダーから
ぷち水没した時やね、、、
いっつもINONのハウジングのOH料金、もっと安いのに、今回高いなぁと
思ったんですが、リークセンサー部品の交換があったからやね。

あと、再生ボタンの操作に関しては、今週末のダイビングで水中でも確認してみよう!




Canon EOS 5D Mk4 モニター感想
3週間ぐらい、最新機種5DMk4を無料モニターで使ってみました。
3週間と言っても、実際、撮影で使ったのは数回なので、あくまでも参考までに、、、

操作性は5DMk3と一緒、背面に1つボタン増えてるが使わなかった
DPRAWの解像感補正は100mmマクロで試したがあまり有効性は感じられなかった (既にブログアップ済)
3000万画素オーバーの高画素の有効性(高トリミング耐性)は実感できた
 陸撮で撮った写真を大胆にトリミングしたいなぁと思って、"え~い"とトリミングしたら
 長辺(横)が、まだ5000pix ぐらいあるわけですよ(縦は3333pix) 1600万画素ぐらい
 これは、凄いなと思った。 1DXは1800万画素なんで、オリジナルで長辺が5200pixぐらいやからね
連写性能は5DMk3に比べ有効性を実感できた
 5DMk4(7コマ/s) 5DMk3(6コマ/s) しか違わないけど、確かに違うと感じた
 ヒコーキ撮影では7~8コマ/sあれば、基本的に充分だと思ってマス 水中だと連写しないし、、、
 ムツゴロウ求愛ジャンプ、クジラ、あと撮った事ないけど野鳥とかだと
 高速連写が出来るほどありがたい (1DXは12コマ/s 5DMk3の6コマ/sとは全然違うのを実感してる)
AF測距エリアの拡がりは実感できず
 上下に左右ブロックで約24%、中央ブロックで約8.6%測距エリアを拡大(EOS 5D Mark III比
 みたいだけど、、、
再生画面でinfoメニュの充実(ズームレンズのズーム域が表示されるなど)有効
高感度特性は未確認
 昨日、ナイト撮影した感じだとあまり変わらないかなぁ~
 カタログスペック的にもほぼ一緒みたい

以上をアンケートに記載してCanonに、モニター中に撮った写真1枚添えて
5DMk4(w/EF24-105mm) 送り返しました。
こんだけ、フィードバックすれば充分でしょ、、、



ヒコーキ写真 高感度撮影
b0110406_22383832.jpg
EOS-5DMk4  EF85mm F1.8 USM (SS=1/800, F=5.6, ISO=3200)

ふだん、ISO=6400まで撮るんだけど、5DMk4でもやっぱり、ちとノイジーだと感じる。(ISO=3200ぐらいが個人的許容範囲)


下のほうで、誰かスマホorタブレットで自撮りしてるね (笑)



トリミング耐性に関連してプリントする時の目安
全紙 (ぜんし)  457×560mm  4,570×5,600pix (2,500万画素相当)
半切 (はんせつ) 356×432mm  3,560×4,320pix (1,600万画素相当)
4切       254×305mm  3,000×3,602pix (1,000万画素相当)
2L       127×178mm  1,536×2,138pix (300万画素相当)

カメラのキタムラHPから抜粋

フルサイズセンサー、3000万画素オーバーで
より高感度
より高速連写
あたりに落ち着くのかな?

もちろん、高画素機は感度、連写を犠牲にして高画素を追求すべきなんでしょうけど。



↓↓↓ ここ、クリックお願いします~~♪
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ




[PR]
by moguritaoshi | 2017-05-30 00:00 | その他(Other) | Comments(2)

簡単に見つかるやん!

週末に掛けて、有明海のムツゴロウの求愛ジャンプ、福岡空港でヒコーキ撮影 
& 九州グルメ
昨日は、久しぶりに伊丹空港でナイト撮影と撮影三昧
写真整理が楽しみです。 (けっこう面倒なんだけど、、、)


引き続き、GWの座間味からです。
春を告げるアマミスズメダイyg、
4月初めに沖縄本島で潜ったときに、探して探して、やっと1匹だけ
見つけたのに、、、
いっぱい小さいのが居ましたよぉ~♪  

ポイントによって体色が濃いのが居るので、それが狙い目です。

ペア、Wピン狙い

b0110406_13213957.jpg
@佐久原漁礁、座間味


背景が、、、、 _| ̄|○
いろいろ撮り位置とか変えたのですが、ええ背景で撮れずじまい。 無念!
撮ってて、黒く沈んでるところがあったらもうダメやねん


全部、暗黒に沈めてぇやれ!

b0110406_12012612.jpg
@アダン前、座間味



再度、背景ばっちり赤いイソバナバックでWピン狙い!

b0110406_12143389.jpg
@ウフタマ、座間味
EOS-6D  EF100mm F2.8L Macro IS


ピントはより小さい個体の方をマニュアルで追っかけてます。
もう1匹、大きい個体がええ距離(被写界深度に入ってきたら)シャッター切る!
ハイ! 見事、撃沈!!

出直して、また来年いらっしゃい!



↓↓↓ ここ、クリックお願いします~~♪
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ




[PR]
by moguritaoshi | 2017-05-29 00:00 | 座間味(Zamami) | Comments(4)

季節ネタ 卵保護


この時期はギンポやメギスの卵保護が見れる
でも、撮るのは大変です。
もともと、あきらめの早い自分は、こういうのはどちらかと言えば苦手な分野、、、 


ファインダーのぞいたらこれならイケル!
めっちゃ撮り易かった!


モンツキカエルウオ卵保護
b0110406_11245658.jpg
@新田の洞窟、座間味
EOS-6D  EF100mm F2.8L Macro IS


最初、もうちょっと正面から撮ってたのですが、卵とモンツキの目にピント来ないので
少し斜めに撮る位置をチェンジ

ええ感じ!  上出来じゃぁ!



もう1枚

こっちは、もう見なかったことにして、敵前逃亡したいぐらい。
去年は、あっさりアキラメマシタ、、、 
今年は頑張った、、、 けど

2枚組みです  トホホホッ 泣)


卵を守るコガネニセスズメ オス
b0110406_11502063.jpg

コガネニセスズメ オスの顔と卵を一緒に写しこみたいのですが、
顔出したら卵が隠れる
惜しい一瞬があったのですが、あえなくボツ


コガネニセスズメ 卵だけ
b0110406_11502755.jpg
@屋嘉比の洞窟、座間味
EOS-6D  EF100mm F2.8L Macro IS

この卵、壁にペタッて産み付けられてるって感じではなく
塊になって、ふわっとしてる感じなんですよ! 

やっぱり生態写真はテッパンですね。
見ごろなネタを、いつもガイドしてくれるガイドさまに感謝デス




↓↓↓ ここ、クリックお願いします~~♪
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ




[PR]
by moguritaoshi | 2017-05-27 00:00 | 座間味(Zamami) | Comments(2)

敵前視察?

週末にかけて、ええ感じで前線抜けそうやね。
九州へ、いざ、出陣! なんちゃって(NHKの見過ぎ)
ところで飛んでるのか? こればっかりは、行ってからのお楽しみに。



ここは、浅瀬が無いので、ワイド、マクロ2台持ちするのは大変なんで、
ワイド1本勝負!

久しぶりのワイドなんで、必死にキンメモドキ、スカテン撮ってたら
急に現われた。 敵前視察?

『そこで、何してんのぉ~』
b0110406_13074413.jpg

以前、この根で寝てたから、昼寝しに来たんだと思う。



『興味ないわ~ ガンバッテぇ!』
b0110406_13090872.jpg
@阿嘉桟橋前、座間味
EOS-5DMk3  EF8-15mm F4L Fisheye USM


こっちは、急に現われたので、慌ててシャッター切ったら水平がめちゃくちゃ、、、、


追っかけて、正面顔撮りに行こうかとも思ったのですが、
この時まだ、この根で撮り始めだったんで、あきらめる。
そもそも、お昼寝の場所を奪ってしまったこと申し訳なく思ふ、、、





↓↓↓ ここ、クリックお願いします~~♪
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ




[PR]
by moguritaoshi | 2017-05-25 00:00 | 座間味(Zamami) | Comments(4)

3本ライン

奈良公園の鹿に噛まれる外国人観光客急増って、、、
えさ やるからちゃうの? ペットちゃうで、野生やからね。


3本線と言えばアディダス
中高生時代はやっぱり1番人気だった。 2番目はサッカー部に人気だったプーマかな? 
海の中の3本線と言えばコイツやね。

幼少期に見れると言われてる、期間限定 この言葉に弱いわけですわ。


ハマクマノミ3本ライン
b0110406_13413449.jpg
@佐久原漁礁、座間味
EOS-6D  EF100mm F2.8L Macro IS


3本目がギリ!見えてて良かったわ!
3本ライン無ければ、ただの失敗写真。





神戸祭り
日曜日、天気もええので神戸祭りのサンバを見に行って来た。
人、ほんまいっぱいですわ。
神戸開港150周年記念でAKBとかも来てたみたい。

で、サンバは、去年は行く途中にレンズが壊れたので、撮影は初めて。
40~50minぐらい前に行ったのですが、最前列はほとんど空きが無かったのですが、
なんとか、ギリで最前列の空いてるところ見つけた。

7チームが40min毎にパレードするみたい
1つのチームが通り過ぎると、、、 ハイ、次のチームまで40min待ちです。。。
座ってじっとしてると、途中で首~左腕は痛くなってくるし、
3チームのパレードが終わったあたりで、一旦、トイレにも行って休憩
休憩後、気を取り直して、人ごみの中、グイグイ隙間を割り込んで行く
後半の後半、最前列の撮り飽きた人が離脱したのでベストポジションを確保

カメラは借りモンの5DMk4とレンズは自前の100-400mm
b0110406_21493390.jpg
(これぐらいだったら、たぶん肖像権とかは大丈夫?)

どう撮るのがええんでしょうね? カメラの設定は?
とにかく、人いっぱいなので、撮影するには最前列を確保することが必須!


5DMk4ですが、月末の返却まであと1,2回撮影チャンスがあるかも知れないので
また後ほど感想を書こうと思います。



↓↓↓ ここ、クリックお願いします~~♪
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ




[PR]
by moguritaoshi | 2017-05-23 00:00 | 座間味(Zamami) | Comments(6)

小魚が大漁

あまりにも天気ええので、OHの終わったレギュレーター引き取りと合わせて
大阪城にヒコーキとのコラボ写真撮りに行ってた。
去年に比べええ感じで撮れた感触もあったので、立ち位置変えるのも踏まえて天守閣の方に移動。
人めっちゃ多かったです。
あかん! あかん! と思いながら あまりにも美味しいそうなんで、、、
抹茶ソフト!
b0110406_19202624.jpg
(我慢できなくて、既に1口目食べたあとです あしからず)



ハイ、水中写真です。

今回潜ったポイントの中ではキンメモドキ、スカテンが根に付いてるのは2つかな
他のポイントにも付いてる根があるんですが、いっぱい って程でもない。

狙いは、こことニシバマ
去年も撮ったニシバマが本命かな?と思ってたんですが
こっちの方が凄かった! 迫力が違う!
付いてる魚の数が違うし、1つ1つの個体の大きさも違う(こっちの方がだいぶ大きい)

めっちゃ! 大漁ですわ!


根を多い尽すスカシテンジクダイ
b0110406_09090158.jpg


それを狙うカスミアジ
b0110406_11302526.jpg
@阿嘉桟橋前、座間味
EOS-5DMk3  EF8-15mm F4L Fisheye USM


カスミアジに寄り過ぎると、カスミアジ自体がどっか行っちゃう!
ちょっと離れてカスミアジ引き寄せると、キンメ、スカテンは根の中に中に入っていく
なかなか、この2つを絡めて迫力あるのを撮るのは難しいね!






↓↓↓ ここ、クリックお願いします~~♪
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ




[PR]
by moguritaoshi | 2017-05-21 00:00 | 座間味(Zamami) | Comments(4)

沖縄梅雨入りしたんやね。
今週は内地も天気ええんですが、来週はどうやろ?
一応、今年もムツゴロウ狙いで梅雨入り前に遠征考えてて
今週は潮が良くないので来週を予定してるんですが、、、
直前まで天気予報とにらめっこ



ええとこにいるキンギョハナダイygを紹介してもらった
ここ見たとき、これ(ペア撮り)しか思い浮かばんかった、、、

ガイドさんの意図は違ったみたい、、、笑)


にこいち!
b0110406_11061202.jpg


さんこいち!
b0110406_11062769.jpg


よんこいち!
b0110406_11073729.jpg
@アダン前、座間味
EOS-6D  EF100mm F2.8L Macro IS



一応、ピント合わせて狙ってシャッター切ってる、、、念のため
ただ、2,3,4匹撮っただけちゃうよ


"にこいち"  はあんましシャッター切ってないので、ピント合ってるのこの1枚だけ
このあと、もう1匹、フレームインして ”ごこいち” も狙えそうやったんやけど、
そいつは、他の個体よりもちょっとだけ大きくて、別の個体に被りよんねん、 アカン!


好きなように撮るべし!



↓↓↓ ここ、クリックお願いします~~♪
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ




[PR]
by moguritaoshi | 2017-05-19 00:00 | 座間味(Zamami) | Comments(4)

おれんじヘアリー


この時期、ハナオコゼが結構、見れるはずなんですが、、、
全然見つからなかった。
その代わりって言ったら何やけど。
今回、大ヒットだった被写体デス



おれんじヘアリー

b0110406_10443746.jpg

海外では、大きいの、小さいの、色もいろいろ見れるチャンスはあるのですが、
なかなか、沖縄では見れないでしょう!
まあ、ヘアリーと言っても "The" カエルアンコウ なんだけどね。




もう1枚

少し引いて、絞りはそのまま、SSを半分の1/100にして
自然光をたっぷり入れて、青カブリ、、、 違った! 青被せ!


手前の砂地と被写体はストロボ光で支配して、青カブリさせないことが重要
b0110406_10444478.jpg
@シル東、座間味
EOS-6D  EF100mm F2.8L Macro IS


ちょっと手前の砂地、怪しい? 、、、泣


構図、カメラの設定(SS, F値、ISO)、ストロボ発光量を自分で考えて
それをコントロールする
『こう、撮りたい!』って
狙って撮ることがきっと重要なんですよねぇ~♪


なんやかんだで、最近レアネタ遭遇率高し  うふふふっ。


↓↓↓ ここ、クリックお願いします~~♪
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ




[PR]
by moguritaoshi | 2017-05-17 00:00 | 座間味(Zamami) | Comments(4)

ありがたいことに
最新カメラ 5DMk4 が手元にあるので
水中マクロ撮影で有効になるかも知れない 解像感補正 を試してみた

撮影時に
デュアルピクセルRAW
で撮影しておく必要があります。


EOS 5DMk4 + EF100mm F2.8L Macro IS USM
撮影距離はほぼ最短 (ふだん使いそうなマクロ領域)

マーケティングの "ケ" に(自称)神ピントのMF でピント合わせてます。
(ターゲットはキャノンフォトサークルから年会費更新のお知らせ です 笑)


CanonのRAW現像ソフト、DPPで作業

デュアルピクセルRAWオプティマイザを起動
b0110406_11145860.jpg


解像感補正 メニュー
b0110406_11151248.jpg

奥、手前に、それぞれ5段階
強さ 0~10 段階




撮影範囲は1番上の画像
そこから
等倍で600x400pix にトリミングしてからjpeg出力してます。

SS=1/125, F=2.8

奥5 強さ10
b0110406_11053586.jpg

オリジナル
b0110406_11055537.jpg

手前5 強さ10
b0110406_11060588.jpg




一応、絞り値変えて試しておく

SS=1/125, F=8
奥5 強さ10
b0110406_11090551.jpg

オリジナル
b0110406_11091646.jpg

手前5 強さ10
b0110406_11092644.jpg

見ての通り、むっちゃ微妙。
最大差分となる ”奥5 強さ10” と ”手前5 強さ10” を比べて
ざっくり、0.1~0.2mm ぐらい ピークがズレテルのかな。。。


デュアルピクセルRAWで撮影すると、通常のRAWよりもファイルサイズが2倍程度になるみたい

正直、もうちょっとズレルのかなと思ってたのですが、かなり微妙な結果に。
テーブルに置いた紙を斜め上から目線で撮影したのですが
ピント合わせた周りに前後距離の差があればもっと差分が出るのかも?

水中マクロ撮影で使うかな?  
水中ワイド撮影では不要
ヒコーキ撮影では、もちろん不要





↓↓↓ ここ、クリックお願いします~~♪
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ


[PR]
by moguritaoshi | 2017-05-16 00:00 | その他(Other) | Comments(0)