2017年 12月 17日 ( 1 )

アニラオフォトコン


11月のアニラオからです。
今年はアニラオフォトコン(今回で5年目らしい)
ANILAO UNDERWATER SHOOTOUT 2017
の開催に合わせて日程組みました。
3日間の撮影期間が設けられてるのですが、滞在日程がちょっとズレてるので
自分がそのうち撮影したのは2日間

正直、アニラオ田舎のフォトコンかと思ってたら、多少のグダグダ感(フィリンピン特有の)はあるものの、
予想以上に立派なのにビックリ
なんと、審査員には、ナショジオの水中写真で有名な デイビッド・デュビレ(David Doubilet)さんが
審査員で来られてました。 このフォトコン、フィリピン観光省、肝いりらいしい。

アニラオにこんな立派なホテルあったっけ?という感じの
Camp Netanyaでの最終日のフェアウェルパーティ&受賞式
b0110406_14430584.jpg
オープン(一眼、ミラーレス)とコンパクト(コンデジ)に大きく分かれてて、
それぞれ、カテゴリーが
Macro/Supermacro 、Marine Behavior(生態)、Nudibranch 、Fish Portrait 、Cephalopod (イカ、タコ)
とスペシャルカテゴリーで
Blackwater and Bonfire (ブラックウオーター)


マグダレナからエントリーしたのは、ゲスト5人と大沢さん、ロナちゃんの7人
全体で140人ぐらいがエントリーしてたみたい。

結果、、、
ロナちゃんがコンパクト部門のウミウシで1st place でした。 パチパチ!!
あとは残念ながら、、、

自分が出した4枚の内2枚です。

b0110406_14402719.jpg
@R.Garden、Anilao

b0110406_12523613.jpg
@ハイジおじさん、Anilao
EOS-6D  EF100mm F2.8L Macro IS


1位、2位、3位が発表される前に5~6作品がファイナル候補として紹介されるのですが
それすらにも入れません、、、、

普段、撮ってる様な写真だと通用しないってことです。
もっと狙って意図的にシャッターを切らなアカンってこと。
ドンマイ!

受賞されてた写真はどれも素敵でした(一部、??も)。 特にライティング、ストロボワークを含めた背景処理が大事。
フォトコンに見合ったああいう写真を撮るには、
  • 装備(スヌート、スポットライトなど)
  • 被写体選び
  • さらに出来ればきっちりサポートして貰えるアシスト
が無いと、なかなか厳しい様な気がした。

ちなみに、期間中は、ロナちゃんがエントリーしてるので
ガイドはしてもらえません。 あしからず。
あと、マリンダイビングからも取材に来てたよ。 でっかいステッカー貰った。





↓↓↓ ここ、クリックお願いします~~♪
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ



[PR]
by moguritaoshi | 2017-12-17 00:00 | アニラオ(Anilao) | Comments(2)