サントリー山崎蒸溜所行って来た


糖質制限するようになって、
以前はビール~焼酎がメインだったのが
ハイボール & 焼酎に変わったのですが、ウイスキーは奥が深いと言うか、
底なしというか、まあ、庶民が買えるレベルのんしか飲んでないんですが、、、 

そもそもウイスキーは、元々そんな身近なお酒ではなかったわけで。
ほんと、糖質制限するようになって、
家でもウイスキー飲む様になってからですわ
まともに向き合うのは。



偶然、蒸留所の見学ツアーがいろいろあるってことを知ったので
早速、予約して行って来た。
近場のサントリー山崎蒸溜所です。
大阪から京都に向かう電車の中から見えるあそこデス

b0110406_22015638.jpg

この日はあいにく朝から雨だったんですが、
なんか霧っぽくて山崎らしいです

b0110406_22554422.jpg

ツアーには
有料の蒸留所見学ツアー(製造工程を見学&テイスティング付き)

無料でウイスキー館で展示物を見るだけ
の2つあるんですが、初めてなので有料の見学ツアーです。 (どちらも要予約)
どちらもギフトショップや有料の試飲コーナーを楽しめます



ちょっと早く着いたのでウイスキー館見学
b0110406_22024132.jpg


原酒のラインアップ
材料、酵母の種類、蒸留方法、樽の種類、さらに貯蔵年数などによって
いっぱいの原酒が保管されてます
b0110406_22022779.jpg


ウイスキー館2階から
大きなのが蒸留に使う蒸留器(ポット・スチル)
b0110406_22060178.jpg


時間になって、製造工程の見学スタート
お姉さまが説明しながらアテンドしてくれます。
観光客と思われる海外からの見学者も結構居て、
翻訳イヤホンが用意されてた

ウイスキーの製造工程は
原料は、麦芽と水(だけ)
仕込み ~ 発酵 ~ 蒸留 ~ 貯蔵 ~ブレンド


仕込み
麦芽と温水を混ぜて糖化  麦芽ジュースみたいなもんらしい
b0110406_22100159.jpg



発酵
酵母を加えて糖分を分解して、度数7%ぐらいのアルコールへ
b0110406_22184934.jpg



蒸留
水とアルコールの沸騰温度の違いを利用して行われる
蒸留は2回(一回目を初溜、二回目を再溜)
ポットスチルにもいろんな形があるそうです
b0110406_22025579.jpg

出来たものは無色透明なニューポットと呼ばれて
アルコール度数70度ぐらい
b0110406_22030413.jpg

ここまで、製造工場の中は暖かくて、独特な匂いがあるので
もうこのあたりで、アルコール苦手な人は顔赤くなるかも、、、笑)


熟成
樽に詰めて貯蔵
樽にもいろんな種類があるのと、熟成年数によっても、出来上がりの原酒の色は
全然違う!
b0110406_22054332.jpg


いよいよメーンイベント?
場所を移っての山崎のテイスティングです。
おつまみも用意されてて、いたれりつくせり

4つのグラス
ホワイトオーク樽原酒
ワイン樽原酒
山崎(ノンエイジ)
4つ目は山崎(ノンエイジ)を使ってのハイボール用

b0110406_22060932.jpg

うんうん、樽が違うと原酒、全然違う  オレでも判るでぇ。
そういうのが組み合わさって山崎が出来上がるわけね!

ここで、
洋ナシの香り
とか
焼いたパン
とか言えばええ感じなんでしょうが、
そんな豊かな表現出来る語弊とか、味覚、嗅覚などを持ち合わせてない訳デス。
大体、洋ナシなんて匂い嗅いだことないやろ  ってことですわ。
まあ、そういうのは、そういう人たちに任せて
好きなように感じて、楽しんで飲めばおっけい! だと思ってる


b0110406_22061805.jpg

正直、これだけで有料(1000円)の元は取れます。
っていうか、これがあるから有料なんだよね、きっと
普通、工場見学とか無料でやってるもんね、、、


ツアー終了後
ギフトショップに寄って、
山崎蒸溜所限定のテイスティンググラスやシングルモルトウイスキーなど買った


、、、で
最後に試飲コーナー(有料)

山崎の18年、12年、ノンエイジの飲み比べ
b0110406_22062627.jpg

これぞ、ジャパニーズウイスキーなんでしょうね。
25年もあったんだけど、ハーフショット(シングルの1/2 15ml)で3000円近くするので
さすがに止めときました。(でもきっと格安(原価?)、大体、庶民はボトルで買えない!)
その他にも
マッカラン、グレンフィディックの普段飲めない18年以上のを試したかったんだけど、
けっこう、酔っ払いそうなんでアキラメル

面白かったデス。 おススメ! 興味のある方は是非。
サントリー山崎蒸溜所 : http://www.suntory.co.jp/factory/yamazaki/


マッサンでお馴染みのニッカ、余市も見学ツアーあるので
近いうちに行ってみよう、、、





↓↓↓ ここ、クリックお願いします~~♪
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ




[PR]
by moguritaoshi | 2017-06-23 00:00 | その他(Other) | Comments(0)