5DMk4の解像感補正を試してみる

ありがたいことに
最新カメラ 5DMk4 が手元にあるので
水中マクロ撮影で有効になるかも知れない 解像感補正 を試してみた

撮影時に
デュアルピクセルRAW
で撮影しておく必要があります。


EOS 5DMk4 + EF100mm F2.8L Macro IS USM
撮影距離はほぼ最短 (ふだん使いそうなマクロ領域)

マーケティングの "ケ" に(自称)神ピントのMF でピント合わせてます。
(ターゲットはキャノンフォトサークルから年会費更新のお知らせ です 笑)


CanonのRAW現像ソフト、DPPで作業

デュアルピクセルRAWオプティマイザを起動
b0110406_11145860.jpg


解像感補正 メニュー
b0110406_11151248.jpg

奥、手前に、それぞれ5段階
強さ 0~10 段階




撮影範囲は1番上の画像
そこから
等倍で600x400pix にトリミングしてからjpeg出力してます。

SS=1/125, F=2.8

奥5 強さ10
b0110406_11053586.jpg

オリジナル
b0110406_11055537.jpg

手前5 強さ10
b0110406_11060588.jpg




一応、絞り値変えて試しておく

SS=1/125, F=8
奥5 強さ10
b0110406_11090551.jpg

オリジナル
b0110406_11091646.jpg

手前5 強さ10
b0110406_11092644.jpg

見ての通り、むっちゃ微妙。
最大差分となる ”奥5 強さ10” と ”手前5 強さ10” を比べて
ざっくり、0.1~0.2mm ぐらい ピークがズレテルのかな。。。


デュアルピクセルRAWで撮影すると、通常のRAWよりもファイルサイズが2倍程度になるみたい

正直、もうちょっとズレルのかなと思ってたのですが、かなり微妙な結果に。
テーブルに置いた紙を斜め上から目線で撮影したのですが
ピント合わせた周りに前後距離の差があればもっと差分が出るのかも?

水中マクロ撮影で使うかな?  
水中ワイド撮影では不要
ヒコーキ撮影では、もちろん不要





↓↓↓ ここ、クリックお願いします~~♪
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ


[PR]
by moguritaoshi | 2017-05-16 00:00 | その他(Other) | Comments(0)