シャコの仲間 遅い昼ごはんはカツカレー

ストロボ発光の話し 続き。

TTLとマニュアル発光、 実際のところカメラ(内蔵ストロボ有無)、及びハウジングメーカーで、
TTL発光可能かどうか?制限される。
自分のカメラ EOS 6D(内蔵ストロボ無) & INONハウジングではTTL発光出来ないのが現実。


マニュアル発光
: どんなカメラでも対応可能。 X同調を取って光接続か電気接続

TTL発光:
1)S-TTL
カメラの内蔵フラッシュ必須。 (もしくは カメラのホットシューに小さい外部フラッシュをつけて光接続)

2)TTLコンバータ  
SEA&SEA 光コンバーター:カメラ側に取り付け、TTL信号をLED光信号に変換する小型トランスミッター
ハウジング、光ケーブル、ストロボの組み合わせ(相性)が決まってる。
   
Nauticamが出してると聞いたのでサイト見てみた。日本語のサイトは情報無かったので、英語サイト。
Flash trigger for Canon, Nikon... :たぶんこれは、内蔵ストロボが無い機種、もしくは内蔵ストロボがあっても使わない
(こういうニーズあるのね!)X同調を取ってマニュアル発光するシンクロトリガー
TTL Flash Trigger for Canon:これやな。 なんか小型のフラッシュみたい?
いくつか使用制限(カメラ、これ 電源入れぱなし、オートパワーオフだめ)、別途Canonの専用バッテリ購入
発光回数 150回? Instruction Manual(PDF)は1000回。 150回は無いよね?
TTL Flash Trigger for Nikon の情報は見当たらなかった。 内蔵ストロボの無いD500のハウジングにオプションで付くみたい。

TTLコンバータ、使用制限あるし、TTLコンバータは調光精度がどうなんでしょう? 評判はイマイチ?
まあ自分のマニュアル調光精度よりかは、ええやろうけど。 うふふふっ。
INONストロボを使った内臓ストロボから光ケーブルでのS-TTLの調光精度が優れモンやけど、
TTLコンバータには、現時点で過度の期待はしない方がいいやろうねぇ。 が自分の結論。




小さいなぁ~  すぐ隠れちゃう。

シャコの仲間
b0110406_8281195.jpg
@パルプンテ、沖縄本島
EOS-6D  EF100mm F2.8L Macro IS + TELEPLUS HD DGX 1.4X


この日は、朝、西海岸でいったん、海況チェックしてから北部に移動したりしてたんで
2本潜って遅いお昼ご飯。 

なんとも味のある看板や!
b0110406_644944.jpg

めっちゃローカル色強い、おばさん達がやってる。 閉店時間間際に入って来ても入れヘンでぇ!

カツカレー
b0110406_6441625.jpg

ご一緒したゲストさんが頼んだカツカレーとカツが違うような?  で聞いてみた。
カツの切り方は、太く切ったり、細く切ったり気分次第だよぉ~ 笑)



にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へクリックお願いします~~♪
[PR]
Commented by ikechannomp at 2016-07-17 22:25
「カツの切り方は、太く切ったり、細く切ったり気分次第
  だよぉ~」

それが沖縄です^^
Commented by moguritaoshi at 2016-07-20 09:05
池ちゃんさん
ほんま、そうですね! 
あまりに見た目が違うので、
『カツがちゃうの?』  って聞いたら
『気まぐれ!』 が答え。
笑ちゃいました。
by moguritaoshi | 2016-07-16 07:59 | 沖縄本島(Okinawa Is.) | Comments(2)