イソギンチャク背負ったら最強やがな! コスゲエビスヤドカリ

初日は、夏はだいたいいっつもお願いしてるナイトダイブしてきました。
北部で3本(自分は2本)潜った後、ホテル戻ってちょっとだけ昼寝して出動です。


なぜかこの日は、ちょっとライト当てるだけでムシだらけ。
耳に入ってきそうで気持ちわりぃ~し、ターゲットライトで構えたらすぐ撮らないと
ムシがいっぱい写りこんでまう。

イソギンチャク背負ったら最強やがな! コスゲエビスヤドカリ
b0110406_2352711.jpg
@まっきぃ~
EOS-50D  EF100mm F2.8L Macro IS


イソギンチャクの上にムシ1匹   捕獲してくれぇ。



にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へクリックお願いします~~♪


おまけ

昨日、3脚持って花火撮影してきたよ。 花火撮影は、2年前の猪名川の花火大会以来。
(今年4月、沖縄の花火大会は雨でゲキチンだった)
夏の風物詩 花火の撮影はチャレンジしたいんだけど、 有名な花火大会はどっこも
人がいっぱいで、場所取りもタイヘンそう、それだけで萎えて敵前逃亡してまうわ。

近寄らず望遠レンズで、空いてるところで撮影できるところは???
みないなこと考えると、2年前に撮った猪名川の花火大会を伊丹スカイパークで撮るのがええんやけど
去年は雨で中止、今年は週末のダイビングと重なってもうた。
なんで、 今回初めての有名な淀川の花火大会を約10km? とお~く離れた伊丹空港の展望デッキから
撮影してきました。  


初めてなんで、どこに花火が上がるのか? どの程度の大きさで捕らえれるのか? 全くワカラナイ。
方角はおおよその想定で3脚セット。
展望デッキから花火が上がる方角が結構急だし、展望デッキに張ってあるワイヤーが写り込まないか?
(ちょー長い望遠レンズ振り回してる)隣も気になるわ。 <-- 写り込む!っちゅーねん。
誤解無い様に言っておくと、自分が先に3脚セットしてた訳デス。


3脚セットして、花火上がるまで1時間ちょっとあるので、夕焼けとヒコーキ
b0110406_303345.jpg
EOS-1DX  EF400mm F5.6L USM+ Ext. x1.4Ⅲ



いよいよ花火上がりだして向き調整(だいたい合ってた)、x1.4テレコン入れてたのを急遽外すなど大忙し。 

もちろん空港やからヒコーキとも絡めたいが、花火撮るだけで必死ですわ。
下に、ちゃんとヒコーキ入れた方が良かったね。
でも、花火上がりだしたら、もう移動する場所もないし仕方ない。
b0110406_2475079.jpg


花火上がりだしたら、あっと言う間。 ひたすらバルブでレリーズ撮影
花火の煙がモロ被ってしまう。 もう、これはどうしようもナイ 泣
b0110406_24858.jpg
EOS-1DX  EF400mm F5.6L USM

2枚目は着陸してきてるヒコーキの光跡写ってるのかな?
[PR]
by moguritaoshi | 2015-08-10 03:25 | 沖縄本島(Okinawa Is.) | Comments(0)