ウズラカクレモエビ

EXITに向かう途中で撮影
このときは着底出来るところでは無かったので、左手で岩場掴んで、右手1本で
親指AFで大体ピント合わせて、あとはそのままハウジングごとカメラ動かして微調整。

メガフロートアーム(x2)を使ってるので、水中ではカメラセットの重量は
まずまず快適です。 まあなんとか右手1本でもシャッター切れる。
自分のマクロセットは、ほとんどINON製なので、INONのサイトに載ってる水中重量表で、
クランプやらフォルダなどほぼ正確にざっと足し算、引き算(プラス浮力)すると 
約660g+ポートリング(アンティス製なので水中重量不明)でした。
もう少し、フロートなんかで水中重量軽くしてもええのかもしれません。
ただ、あんまり軽いと、水底にハウジング置いたら、ちょっとした流れで
ころころ転がって行きそうだけどね....


ウズラカクレモエビ
b0110406_1926369.jpg
@砂辺、北谷町
EOS-50D  EF100mm F2.8L Macro IS x 1.4telecon



にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へクリックお願いします~~♪
[PR]
Commented by arak_okano at 2015-02-12 06:44
大変な工夫をされていますね、可愛いえびさんもですが、その努力にバグースです。アラック何にもしません。そう、是非、Canonの5060万画素を買ってください。
Commented by moguritaoshi at 2015-02-15 14:50
アラックさん いやあいやあ 水中軽量化って意味だと、
フロートアームを使ってる以外、ほぼまったく努力してないに等しいデス 笑

5060万画素は、、、 ムリです。
by moguritaoshi | 2015-02-11 19:50 | 沖縄本島(Okinawa Is.) | Comments(2)