ホウセキカサゴかな? びみょー

レンベやアニラオで見れるボロカサゴの仲間(Rhinopias)は
おそらくボロカサゴとホウセキカサゴのどちらかだと思います。
(今まで見た写真を見る限り)
ホウセキカサゴに似ているニセボロカサゴ(Rhinopias xenops)は伊豆、紀伊半島、あとハワイなど
でしか報告例がな無いみたいです。

見分け方はどうなんでしょう?

ボロカサゴ 
  学名:Rhinopias frondosa (英名:WEEDY SCORPIONFISH)
ホウセキカサゴ 
  学名:Rhinopias eschmeyeri (英名:PADDLE-FLAP SCORPIONFISH)

ネットなどで調べると
-体がボロボロ(笑)、皮弁がいっぱい -> ボロカサゴ
-背びれがギザギザに切れ込む -> ボロカサゴ
-あご下に皮弁がある -> ボロカサゴ
などだそうです。


ずっとペアで居たこの2匹。

これは、ほぼ間違いなくホウセキカサゴだと思います。
b0110406_0404882.jpg


これは、ほぼボロカサゴだと思います。(もうちょっと引いて背びれが写ったのが無い...)
b0110406_0495149.jpg



最初に見たとき、上の2匹の近くに居たの(2回目見たときは行方不明!)
かなり びみょー なんです。
b0110406_0425242.jpg
@SunView, Anilao
EOS-50D w/EF 100mm Macro

パッと見、ボロカサゴの特徴的な模様(白斑点)が無いので、ホウセキカサゴっぽいんだけど、
その他の特徴はボロカサゴに近いです。
ボロカサゴ類は、"体の表皮が定期的に剥がれ落ちる(脱皮)" らしいので
脱皮直後だったりして,,,,  よ~判りませんわ。



その他、以前調べたときのことは ここ



にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へクリックお願いします~~♪
[PR]
Commented by arak_okano at 2012-01-24 07:01
アラックです。
稀なカサゴ三昧とは、2012年は幸先が良いですね。
強運のmogulitaoshiさんにバグースです。
慌てずに確実に作品にする、流石です。
運は実力の内です、その場面にいることこそ、実力ですね!
Commented by バショウカジキ at 2012-01-24 08:30 x
手持ちの写真を見返したけど、真横からの図鑑的価値のある写真は撮っていなかったなあ。

東京は雪の影響で、電車があちこち止まっています。

バショウカジキは群馬に向かってるんだけど、乗換案内を見ながらルート検索中…
Commented by moguritaoshi at 2012-01-24 23:23
アラックさん
ほんと ボロカサゴ3種盛みたいな感じだったです(笑)
ワイドで撮れた(2回目見れた)のがラッキーでした。
Commented by moguritaoshi at 2012-01-24 23:26
バショウカジキさん
100mmでこれだけデカイのが相手だと、やっぱり正面から撮るかなぁ?
でも、横から撮っておくと、後で種類の判別に便利です。

そうっすよね。 朝からTVでやってましたね。
群馬だと東京より寒いんぢゃないですか?
自分は、明日は横浜なんですが、雪降ってないこと願ってますー
by moguritaoshi | 2012-01-23 01:03 | アニラオ(Anilao) | Comments(4)